クレジットカードが必要だと感じたとき

わたしははじめてクレジットカードを所有したのが社会人になってからのことでした。大学時代はもちろんまわりでは持っている人間もいませんでした。ですが社会人になってからも最初はカードの利用に抵抗がありました。なぜかカードを切ることが逆に借金をしているような気分になったからです。ですがそれも社会人になっていろいろなお金の使い方をしていくとかわっていきました。何しろ、営業として出張時の交通費や宿泊費、接待費などを自分で一時建て替えをしないといけなくなったからです。(車のガソリンについては、会社支給のガソリン カードで払えます。)もちろん、これを現金でまかなうことはかなり難しいと言うことはいうまでもありません。そこでクレジットカードの必要性を感じたわけです。会社の精算を毎月きっちり行えば、クレジットカードの支払い時期には口座に入金がありますので問題ありません。最近ではこうしたカードの支払いを逆にうまく使うように考えていまう。このカードのポイントを上手く貯めるようにほかのサービスも組み合わせて使うようにしているのです。カードの支払いも1枚にまとめることでポイントも非常に多く貯まります。結果的には買い物がお得にできることになりますので今ではどんなときもカードで支払いっています。